社会人は恋愛できない

社会人になると学生の頃に比べて恋愛する状況は変わってきます。私はフリーターなので友人から聞いた話になってしまいますが、なんでも同期と過ごす時間ばかりで、誰かと出会ったり恋愛をしたりする機会がないそうです。大学時代の友人たちと会える頻度も減り、彼氏・彼女を作る仲間も少ないようで、休日はいない者同士が集まる形になっているのです。私の周りでも、紹介するのですがイマイチのようで、なかなか難しいものなんだなと感じます。周りを見てみると、大学時代や社会人になる直前にできた恋人がいる友人は今も恋愛をしているようです。きっと、作るタイミング、恋愛をするタイミングがないのでしょう。社会へでると、残業や休日出勤で疲れてしまいます。休日に遊ぶのではなく、休日に休息を取っている人も少なくありません。外へ出て遊ぶ気力がないのです。出会う機会がたとえあったとしても、自分の体がついていかないのでしょう。その気持ちはなんとなくわかります。出会いを求めるか睡眠に時間を使うかの2択の場合、とても迷うと思います。2.3年働いて余裕ができた頃がタイミングなのかもしれません。今の私たちのような若者は、結婚願望があまりありません。社会の影響なのか、特に男性はないのです。そうなると、自然と恋愛もしなくなります。恋愛をして、1.2年付き合って結婚を迫られたら困るからでしょう。誰かを養う余裕は今の若い世代にはありません。自分が生きていくために必死なのです。今を考えるのではなく、将来を見据えろとよく言いますが、今を生きることに必死な私たちには難しいことなのでしょう。もっと生きやすい社会になれば、恋愛ももっとしやすくなるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です